自転車社会学会2009/6/6更新

歩道と車道の間に路側帯はありません

歩道のある道路では車道の外側の線と歩道の間にスペースがありますね。あの狭いスペースを路側帯と思っている人がいますが・・・・・・道路交通法上の路側帯の定義は・・・・・

(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
(略)
三の四  路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。
(略)

です。路側帯は,歩道のない道路に設けられる歩行者用のスペースなのですね。歩道がある道路にある歩道と車道の間のスペースは路側帯ではありません。車道の端を示す白線は車道外側線と呼ばれます。道路法に基づく道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(内閣府・国土交通省令)別表第三(第五条関係)では「車道の外側の線縁を示す必要がある区間の車道の外側」を示すのが車道外側線だそうです。歩道がなければこの車線外側線が路側帯表示になるのですが(同命令第七条)。

自転車社会学会へ